フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ブログを始めて1年。アフリエイトで斧が売れて | トップページ | 斧マニア 遠藤ケイ »

2009年4月19日 (日)

こんな世の中だからこそ、一家に一丁、斧を!

「近所に引っ越してまいりましたので、ご挨拶に伺いました!」

「宅急便です。印鑑のほうを・・・」

こんな声にイソイソと、礼儀正しくドアを開ければ・・・

そこにいたのは新聞勧誘員!

イカサマアクセサリーを携えたセールスマン!

先物取引の外務員!

足をガッと玄関のタタキに踏み込むや、ハンをついてもらうまではテコでも動かない人間の屑に脅され空かされ言いくるめられ、あわれあなたはハンをついてローン地獄へ一直線・・・・

そして日本の南方海上の深い深い海溝では、太平洋の中央海嶺に生まれ太平洋を西へ西へ、年に数センチの速度で動く歩道のごとく移動する太平洋プレートが、はるか深い灼熱のマントルへと落ち込んで飲み込まれつつある。死での旅路の共として、日本列島が乗る大陸プレートを巻き込まんとして。

当然日本列島はそれに反発、日本沈没などは映画の話だけにしてくれと反発、そのショックで岩盤が砕け・・・

かくて十勝沖から三陸沖、東海南海と日本各地でグラグラ大地震!

タワーマンションは倒壊こそ免れるが内部の人間を福引の球の如くガラガラ転がして部屋に閉じ込める!

老朽木造建築は中の住人を閉じ込めたままグチャリと潰れる!やがて各所で起こった火の手がガレキを焼き、中の人間を遠赤外線で炙り、やがては盛大に巻き込んで燃え盛る!ギギギ・・・あんちゃん、熱いよ・・・

Gigigi02_003

人間も地球もキバをむく平成日本!このような世の中に必要なのは「斧」だ!

破壊力と威圧感にすぐれた最強の刃物、斧。それでいて銃刀法には無縁の刃物、斧。そして美観にすぐれた西洋式の斧。

これをひとつ買い求め、玄関の横の壁、上の壁にインテリアとしてかけてみてはいかがだろうか。犬神家よろしく、ヨキコトキクだ。

さてそのような家に、スーツはバリッと着こなしていても心はズブズブドロドロ、よこしまな勧誘員やセールスマンがやってきた。断っても断っても「お話だけでも!」と来る。

そこでガチヤリとドアを開ける。顔には満面の営業スマイルを浮かべ、心で「へっへっへ、いいカモになってくれたぜ」とほくそ笑むセールスマン。

と、見上げれば壁にはギラリと無骨な刃を光らせる大きな斧!家人が室伏や棚橋のようなマッチョな大男なら言うまでも無く恐怖に襲われる。ひぐらしの鉈を持たないレナのような美少女であっても微笑む瞳の後ろに斧が鎮座すれば「この家はちょっと・・・」ということになるだろう。

それでも迫るシツコい命知らずならば斧を壁から外して手に取り

「新聞屋だったら、新聞記事になってみたくはないか?」

「あんたの会社、新聞に載ったら困るよねぇ?」と一言。

一本一万円あまりの斧で、100万円の損害を回避できる。

一方、マグニチュード8の大地震がタワーマンションに住むあなたを部屋に閉じ込め、実家の両親を潰れた家の下敷きにする。

振動に壁はゆがみ、鉄の扉をガッチリ噛む。われに返ったあなたが避難すべくドアノブに手をかけようが体当たりしようがビクともしない。早くも下の階からはきな臭い香り。このままでは部屋は巨大なオーブン、その中でロースト人肉だ。

そのようなあなたを救うのが斧!

Photo

恐怖映画「シャイニング」の例の場面でもおなじみ、斧は分厚い木の扉を一瞬で砕ける。鉄の扉でも切り裂ける。かしいだドアを破って苦境から逃れよう。

倒壊した木造家屋の下では、老いた両親が肉体に食い込む角材にあえぎ、身動きできない中で死の恐怖に怯えている。そこで役立つのが斧!複雑に絡まる角材を切断し、乗りかかった壁を破り、ガレキの中から被災者を安全に救い出す。

やがて火が迫り来る被災地。崩れ落ちた家の中で、手や足の先のみを倒れた柱に押さえつけられた被災者がいるとしよう。角材は磐石の重みで身体を押さえつける。柱は太く、切断にはかなりの時間が必要だ。その間にも炎は燃え進み、被災者の服に移らんばかり。・・・

このような状況では非常手段として、押さえつけられた手足を斧で切断!被災者を助け出す!という方法もありうる。絶体絶命の危機から逃れる最後の手段として。昭和23年、戦災から立ち直りかけた福井県福井市を襲い、三千名以上の死者を出した「福井地震」の折も、はさまれた手足を切断されて助け出された被災者が何人もいたという。

無骨なインテリアとなり、あなたを悪徳商法から守り、災害から救い出す斧。

今こそ一家に一本、斧を持とう!

火花が立たず、ガス漏れ現場でもつかえる「防爆斧」

西洋の古城にありそうな両刃斧。

しかし・・・斧を買った後は、家の中に気を配ろう。悪い侵入者があなたよりも先に斧を手にすれば、銃でも使わない限り勝ち目はない。

そして・・・家族の絆を大切にしよう!斧のある家で家庭不和が起こればたちまち犬神家のシャイニング、ひぐらし殺人だ。

なんといっても大事なのは家族と教育であります!

« ブログを始めて1年。アフリエイトで斧が売れて | トップページ | 斧マニア 遠藤ケイ »

雑記」カテゴリの記事

コメント

管理人さん、こんにちは。
斧はいいですよね…。
災害やセールスのみならず、ゾンビパニックでも斧はお役立ちです。スコップさんと並ぶ最強マルチツールです。

消防で用いる斧は火花が出ない防爆斧だと聞きましたが、
実際どうやって火花が出ないようにしているのでしょう…?
そういう金属で作っている、ということでしょうか?
相応に切れ味やら頑丈さを犠牲にしてそうですが…。

はじめまして。
防爆斧の刃は鉄ではなくて、ニッケルと銅とアルミの合金のようですね。鉄以外の金属を使用することで、火花が出ないようです。

脱出用の斧は「切れ味」よりも「ぶちこわし」なので、これでいいんでしょう。

なるほど!
いわれてみれば消防用の斧であれば
切れ味はそこまで重視する必要もありませんね!
ありがとうございます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527877/29183193

この記事へのトラックバック一覧です: こんな世の中だからこそ、一家に一丁、斧を!:

« ブログを始めて1年。アフリエイトで斧が売れて | トップページ | 斧マニア 遠藤ケイ »

おすすめ