フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 斧マニア 遠藤ケイ | トップページ | 斬首の斧 »

2009年5月25日 (月)

ゲロゲロ映画「ハチェット」

はっきり言う。

ここで紹介した映画だが、「オススメできない!」

ところはアメリカ。
失恋した男が傷心を癒すべく、腐れ縁の友人と共にアメリカ南部の湿地帯へと旅立つ。
当地の観光スポットといえば、ワニがウヨウヨ泳ぐ沼地のクルージング。男2人と同席するのは、リタイア人生の地の旅行を楽しむおデブの老夫婦。イカサマ映画監督にさそわれたニューヨークのコールガール。なぞめいた女性。その他数名の乗客。彼らの乗る船は東洋系の船長に操られ出航するのだが・・・

(お約束ながら)エンストを起こして座礁。
船から逃れようとした老夫婦のうちの夫が
あろうことかワニに襲われ、深手を負う。
沼地で大怪我をすれば感染症はまぬかれない。

一同が必死の思いで逃れあがった陸地は、
いわく付きの土地だった・・・

その昔、この地には父と子が住んでいた。
子は生まれつきの異形なルックスで知能も人並みとはいえない。
それでも父は子を愛した。

しかし世間は残酷だ。
たまの買い物に父が子を連れ出せば、
周辺の悪ガキどもは怖いもの見たさに寄り集まり、
競ってはやし立てる。
少年の心には、若者に対する恐怖が刻まれつつあった・・・

そして悲劇は起こった。
父親が子を残して外出したすきに、
悪ガキどもは森の中の一軒家を取り囲んで火を放ったのだ。
異変を察知した父がもどった折には、
小屋の周囲は炎に包まれていた。
父は家の中の子を救い出そうと、
手直にあった薪割り用のハチェット(手斧)を取り上げる。
ドアに打ちつけ、破ろうと試みる。

何度か目に振り下ろした末に振り下ろされた斧の刃は
ドアを突き破り、中にいたものを深々と断ち割った・・・
父の助けに狂喜し、ドアに貼り付いていた子の頭を!

異形の子は短い生涯を終えた。
父は絶望し、この地を去った。そして・・・

まぁ13日の金曜日の異曲同音、
全く同じストーリーといえばいえるがそれにしても酷い!
殺人鬼さんが、まったく美意識を持っていない!

「13日の金曜日」のジェイソンも異形なルックスだが、
それをマスクで隠すしゃれっ気はある。
道具使いはお手の物で、無駄な苦しみは与えない。
そして、生真面目な女の子や子供は殺さない。

ここで以前紹介した「悪魔のサンタクロース」のビリー君も
「アメリカンサイコ」のベイトマン君も、鍛え上げられたイケメン。
ま、イケメンなら大量惨殺も許されるのか、という問題でもないが、
少なくともビリー君は正義のままに行動している。

しかーし!

ここで登場する異形の殺人鬼。
顔を面で隠すようなエチケットも無ければ、
苦しみを与えないような殺し方もしない。

犠牲者の大半は怪力のもとにズタズタに引き裂かれる。
題名が「ハチェット」でありながら、斧が使われた殺しは一件のみ。

無理やり裂かれた肉から血がほとばしる・・・

挙句・・・「救いがない」!

エッチなオヤジが殺されるのは言うまでも無く、
まじめな少女も殺される・・・

結局のところ生存者は無し。

画像からして陰鬱で暗い。

酷い映画です。




« 斧マニア 遠藤ケイ | トップページ | 斬首の斧 »

映画と斧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527877/29792402

この記事へのトラックバック一覧です: ゲロゲロ映画「ハチェット」:

« 斧マニア 遠藤ケイ | トップページ | 斬首の斧 »

おすすめ