フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 1984年 オーストラリアの開拓村。斧による製材 | トップページ

2017年4月15日 (土)

BBQおすすめ炭

いよいよ春、アウトドアシーズン。
ハードなアウトドアはともかくとして、ビギナーでも楽しめるのがBBQ

BBQグリルは、まずはコールマンのグリル、それも赤い色が目印の「スパイダーステンレスグリル」を選びたい。


火床が「引き出し式」になってるから、燃焼中でもスムーズに炭をつぎ足せる。
一般的なグリルでありがちな、「メンバー全員で大騒ぎして、網持ち上げて炭のつぎたし。丸い芋にトウモロコシがゴロゴロころがって墜落!」なんて悲劇も避けられる。

そしてその炭だが…

気張って備長炭なんかを買う必要はないのだ。高い上に、火が元凄くつきにくい。ド素人にはおすすめできない。かと言ってボロボロのバーベキュー専門マングローブ炭は火持ちがわるい、オガ炭は火力が弱すぎる…

おすすめはナラの木の炭だ。火がある程度はつきやすい上に、火力もあって長持ちする。そして、値段も手ごろ。

楢炭といえば、やっぱり岩手県の「岩手木炭」。


ネット販売で見逃せないのが、北海道の白老産、浦幌産のナラ炭。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

国産 炭 お得なアラ炭15kg北海道 十勝産 みずなら
価格:3456円(税込、送料別) (2017/4/15時点)


15キロ入りのバラ炭は4000円ほど。
でも炭は腐るものではない。
大量に買いこんで、BBQのたびに少量を分けて持ち出すのもオススメ。

« 1984年 オーストラリアの開拓村。斧による製材 | トップページ

アウトドアグッズ論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527877/70270938

この記事へのトラックバック一覧です: BBQおすすめ炭:

« 1984年 オーストラリアの開拓村。斧による製材 | トップページ

おすすめ