フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 斧での切断は、素材を無駄にする | トップページ

2022年6月19日 (日)

斧マニアが読み解く『ゴールデンカムイ』

さる4月末にめでたく大団円?を迎えたマンガ
ゴールデンカムイ

ラストシーンの「アイヌと和人の協力で文化が護られた」
発現は微妙に批評フンプンらしい。

だがゴールデンカムイはあくまでもヘンタイが狂喜乱舞する活劇漫画
社会的なものを求めたいなら、別の作者の教育マンガを探るべきであろう

さて、ゴールデンカムイは集英社のマンガ
集英社といえば『ジョジョの奇妙な冒険

作者の荒木飛呂彦は、著書『荒木飛呂彦の漫画術』でこう語る


 

「「どんな世界にも、マニアがいる。
おかしな絵を描けばツっこまれてしまう
」」

それをネタに『斧マニアとしてのジョジョの奇妙な冒険』を書いたのはもう7年も前
http://isikari.cocolog-nifty.com/blog/2015/06/post-b4eb.html

このたび、ゴールデンカムイがラストを迎えた。
そこで、あえて語りたい
斧マニアから読み解くゴールデンカムイ

ゴールデンカムイのアイヌ文化監修者・中川裕氏は
アイヌ文化で読み解くゴールデンカムイ』を出版しているが


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アイヌ文化で読み解く「ゴールデンカムイ」 (集英社新書) [ 中川 裕 ]
価格:990円(税込、送料無料) (2022/6/19時点)

楽天で購入

 

 

ここでは「斧マニア」の立場で語ってみたい。

ゴールデンカムイは日本兵とアイヌ少女のコラボ。
なので登場する「グッズ」は
日本兵の軍装かアイヌの民具が中心である。
開拓時代の北海道が舞台なのだから、
もっと斧が活躍する場面があってもいいだろう。

最もアイヌ自身は製鉄技術を持たず、
刃物ほか鉄製品は和人からの受け売りだった。
彼らが使っていたムカㇻ(斧)は当然ながら和式の斧である。
刃が狭くて、脇に数本のスジが入ったの。

30巻にわたる連載の中で斧が活躍するのは
わずかに16巻の152話


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゴールデンカムイ 16【電子書籍】[ 野田サトル ]
価格:564円 (2022/6/19時点)

楽天で購入

 

 

根室の漁場で働くヤン衆の中に、ヨボヨボの爺さまがいる。
アイヌでもないのに、着込んだ厚司がトレードマーク。
故郷も忘れ、名前も忘れ、数日に一度は寝ションベン。
完全に耄碌して、漁場の仲間にももて余されている。

 

Photo_20220619004701

 

だが彼の正体は、実は生きていた土方歳三の知り合いで
伝説の人斬り
人斬り用一郎

伝説の人斬りだからこそ、敵も多い。

「池田孫七郎」なる人物を斬った咎で、
明治後期の今も追われる身だ。
その追手は根室くんだりの漁場にも押しかけてきた。

三人組の追手の獲物は、長ドスに手斧。
だが…

288096699_2254437228047067_5651315602906

だがここに登場する手斧は、微妙に残念だったりする

刃の側面のスジが無く、ヒツ(柄を通す穴)は楕円形。
それでいて「刃の形」は和斧同様の「細長い形」。

これでは和式か洋式かわかりようがない。

 

できればヘンタイ殺人鬼の辺見くん
3巻か4巻あたりで、ニシン漁場のヤン衆として働いていた彼。
鰊の搾りかす「粕玉」をコーフンしながら切り刻んでいた彼。

彼にはニシン漁場ではなく、
山中の造材飯場で働いていただきたかった。
ならば「このブログ」向きの活躍をしてくれたものを

 

« 斧での切断は、素材を無駄にする | トップページ

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 斧での切断は、素材を無駄にする | トップページ

おすすめ

  • アマゾン
  • Google