フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

アニメ・コミック

2020年12月20日 (日)

「鬼滅の刃」と斧 刃沓

前回の続き

大正時代、山の中の炭焼きの息子が「刃に危険防止のカバーを付けた斧」を持っているのはおかしい
だが刃物は危険だ。裸で持ち歩けば触れてケガをする。

 

ならば当時の人は、どう対応したのか?

それがこの「刃沓」だ。

 

 

 

 

 

天然素材を用いるから安価。
しかも手作りだから、刃のサイズに合わせて自在に設計できる。

 

皮製のカバーの普及によってすたれた技術だが、ぜひ現代にいかしたいところ。

2020年10月31日 (土)

斧マニアから見る「鬼滅の刃」

斧マニアとは、斧のことばかり考えている人種である。

斧を用いた事件が起これば、その凄惨さ事件に至る経緯よりも、用いられた斧の形式に興味が向く

流行の小説やマンガ、映画に斧が登場すれば、物語性や演出よりも斧の形状にツッコむ

そんな斧マニアから見る「鬼滅の刃

斧マニアは流行性よりも、斧の形状にツッコむ

 

アニメ第一話

平穏な炭焼きの生活。

主人公は炭を町へ売りに行く。
いくら何でも炭を直に背負い篭に入れるのはおかしい
俵なりカマスなりに包装した上で運ぶのではないか、と思われるが、さすがにそうツッコむのはヤボ

少量の炭を買い求める人々のために、炭の量り売りを考案した!と解釈しよう。

そんな新式の商売の発明、新たな利益からもたらされる夢はあえなくついえた…

 

そんな結末など予想もつかない、平和な冒頭部

動画2分三十秒ころ

Picture_pc_ec69a1d5bd47af4a6e0679d34b7d1

主人公・炭治郎の弟・タケオが担ぐ斧

時代背景を考えれば洋斧ではなく、和斧なのは当たり前。
だが、きちんと柄の手元にグリップがある。

アニメ制作者は目の付けどころが違う。
柄が直線的な和斧は、ときにスッポ抜けの事故がある。
手の油気でスルリと滑らかにコーティングされた柄
振りかぶった瞬間に掌から放たれたならば…

 

そんな悲劇を避けるため、洋斧同様のグリップがあるのは心憎い
案外、アニメ制作者は薪ストーブ愛好家なのではなかろうか。

そして肝心な刃

危険が無いよう、キチンと皮製か何かのカバーをかけられている。
美観的にもイケてる。

だが、これはもちろん令和のマンガ、アニメゆえの設定。

 

大正期の斧は、グリップ成しの直線柄

そして刃先をガードするものは「刃沓」とよばれるものだった…

T02200165_0800060012832635718

続く

 

 

 

おすすめ

  • アマゾン
  • Google